研究費助成、研究留学費助成、国際学会開催助成を自然科学の幅広い分野に行う公益財団法人山田科学振興財団
トップページ|公益財団法人 山田科学振興財団財団概要|公益財団法人 山田科学振興財団事業内容|公益財団法人 山田科学振興財団募集一覧|公益財団法人 山田科学振興財団過去の実績|公益財団法人 山田科学振興財団よくある質問|公益財団法人 山田科学振興財団

事業内容メニュー 助成金・補助金一覧 財団ニュース 公益財団法人山田科学振興財団 研究交歓会
2014年度研究交歓会
2013年度研究交歓会
2012年度研究交歓会




公益財団法人山田科学振興財団 義捐金ぼしゅうについて
公益財団法人山田科学振興財団
事業内容

長期間派遣援助

 海外における学識交換を通じて学術の国際交流を促し、また協同研究によって相互に研究の学際的あるいは国際的な進展を図るため、研究者を長期間(6ヵ月〜1年間)海外派遣するための滞在費、渡航費等の助成(1名あたりUS$10,000-)を行います。

募集要項はこちら

募集
募集要項は本財団ホームページに掲載するとともに、広く大学や研究所に案内します。援助を希望する研究者は本財団に直接応募できます。研究分野は、物理、化学、生物・医学及びそれらの複合領域・関連分野を対象としています。詳細は「最新採択者」及び「過去の実績」をご参照ください。
選考
選考は、まず研究主題、派遣の目的や必要性、派遣先での行動計画などについて書面審査を行い、その結果を参考にして選考委員会によって派遣援助対象者を採択し理事会にて決定します。
成果報告と研究交歓会
採択された研究者は派遣を終えて帰国した際、成果報告書を提出すると共に、本財団が主催する長期間派遣者研究交歓会に出席、一堂に会して成果を互いに報告します。

 

最新採択者

2017年度長期間派遣援助(2017年4月〜2018年3月)7件 US$70,000-

被派遣者 目  的 派遣先 出発時期
首都大学東京理工学研究科
柳和宏
高次配列構造一次元ナノチューブ系の創成と高密度キャリア注入下での新奇物性の開拓 アメリカ 2017/4/1〜
山形大学理学部
堂下典弘
偏極ビームと遍極標的を用いた核子スピン構造の研究 スイス 2017/4/1〜
理化学研究所創発物性科学研究センター
車地崇
対称性の破れに誘起されたトポロジカル磁性相の創成と異常伝導物性の開拓 アメリカ 2017/10/1〜
大阪府立大学大学院人間社会システム科学研究科
飛田国人
運動習慣による高齢労働者の暑熱障害リスク低減効果の解明 スロベニア 2017/9/1〜
京都大学大学院薬学研究科
吉村彩
休眠遺伝子覚醒による新規天然物探索基盤の開発 アメリカ 2017/4/1〜
理化学研究所倉谷形態進化研究室
足立礼孝
咽頭と心臓は同じ発生起源に由来するのか? フランス 2017/4/1〜
北海道大学大学院工学院環境創生工学専攻
伊藤寿宏
Targeted metagenomicsを用いた環境水中病原微生物の汚染源追跡 アメリカ 2017/4/1〜
ビクターチャン心臓病研究所
中山義敬
グルタミン酸放出体機械受容チャネルMscCGのクライオ電子顕微鏡単粒子観察による構造解析 アメリカ 2017/4/1〜

ページ先頭へ